更新記事リスト

2018年10月15日
車を解体するといくらかかるのかを更新。
2018年10月15日
手続きがわからなくても専門業者なら詳しく教えてくれるを更新。
2018年10月15日
廃車が思わぬ臨時収入になることもを更新。
2018年10月15日
手続きのために必要な書類とはを更新。

廃車で迷っているならまずは査定から

次の車検がもうじき来る、自動車税を払わなければいけないなど、車を今後どうするか考える時期はやってきます。車検を通すか、新しい車を買うか、廃車にするか、3つの選択肢しかありません。しかし、何年も乗って走行距離がかなり走ってる車や、事故車、及びキズ、凹みを直してまで乗る人はあまりいません。必要なくなったら廃車にしようと考えるだろう。
そこで廃車と言ってもクルマの廃車手続きがわからない人は多いのではないか。まずは専門業者へ依頼する。そこで車を査定してもらう。CMや車雑誌等で有名な大手チェーンを含む中古買取業者などは幅広く提携しているので、悪質な中古買取業者と接触する事がなく安心というのも魅力。査定をすると、廃車、オンボロ車、事故車、不動車と、それぞれ得意な専門業者も参加しているので、廃車予定だった車がお金になる可能性も十分にあります。
廃車にするつもりだったならダメ元でも買取査定をしてみることをオススメします。廃車にかかる費用は「リサイクル料+解体費用+抹消登録費用」が廃車にかかる全ての費用です。車はスクラップした鉄クズはお金になるので業者によっては無料になったり、逆にお金をもらえる場合があります。
クルマの廃車手続きがわからなくても専門業者にお任せすれば簡単に手続きできてしまいます。

廃車の手続きは自分or業者

突然の事故などによって残念ながら車を廃車にしなければならないとき、自分で行う方法と専門業者へ依頼する方法とがあります。まず自分でクルマの廃車手続きを行う場合、どんな流れになるでしょうか?まず解体業者に解体を依頼し、解体報告記録日と使用済自動車引取証明書という書類を受け取り保管しておきます。
その後、現住所を登録している運輸支局に、解体報告記録日と移動報告番号、ナンバープレート、印鑑証明、車検証を持って行き、さらに運輸支局で、手数料納付書、OCR申請書、自動車税、自動車取得税申告書を受け取り、それらを記入して、ナンバープレートの返却と、必要書類の提出をする必要があります。
運輸支局は平日の8:45~16:00(昼休憩有)しか開いていないため、もし足りない書類があった場合には再提出に行く必要があります。また自分で廃車する場合にかかる費用は、解体業者によって差がありますが、永久抹消登録申請書の用紙の費用、廃車引取費用(0~3万円)、解体必要(0~2万円)、陸運支局への交通費などが必要になります。
しかしクルマの廃車手続きを専門業者へ依頼する場合には0円以上で車の買取がしてもらえ、面倒な廃車の手続きも代行してもらえる上、廃車のための費用が全くかからない場合もあります。買い取った車は海外へ販売したりリサイクルに回すなどの方法を取っているため、こんな夢のようなサービスが実現できるようです。

新着記事

車を解体するといくらかかるのか

廃車の手続きを行うなら還付金受取ができる専門業者で! クルマの廃車手続きは、個人で行うには手間や時間がかかります。クルマを買い替える際にディーラーでクルマの廃車手続きを同時に行って引き取ってもらったり、廃車買取の専門業者に依頼して回収から…

More...

手続きがわからなくても専門業者なら詳しく教えてくれる

廃車の手続きに費用は掛からないのが常識です! クルマの廃車手続きに費用が掛かると考えていませんか?廃車手続きの代行手数料やレッカー費用、そのほか解体費用などがかかると思いがちですが、廃車だからといって価値がゼロにはなりません。今では、専門…

More...

廃車が思わぬ臨時収入になることも

廃車で迷っているならまずは査定から 次の車検がもうじき来る、自動車税を払わなければいけないなど、車を今後どうするか考える時期はやってきます。車検を通すか、新しい車を買うか、廃車にするか、3つの選択肢しかありません。しかし、何年も乗って走行…

More...

手続きのために必要な書類とは

廃車をする時は専門業者に依頼を 意外と手間がかかるのが、クルマの廃車手続きです。車検証や自動車リサイクル券、印鑑証明書などの書類の準備や、解体業者探し、陸運局へのナンバープレートの返納など様々な手続きが必要になるだけでなく、様々な費用も発…

More...

トップへ