検討して選ぶべきなのが低分子フコイダン - 低分子フコイダンについて

検討して選ぶべきなのが低分子フコイダン

低分子フコイダンについて知っておきたいこととは?

低分子フコイダンはこんぶやわかめ、もずくに含まれるねばねば成分のことで、マクロファージやナチュラルキラー細胞などを活性化させる働きがあることが研究から判明しています。免疫力を高めて健康を保つために有効な成分です。

フコイダンの効能とは?

フコイダンは免疫力の向上のほか、ピロリ菌を除菌して胃を守る効果、過剰なアレルギー症状を抑制する働きがあることが判明しています。低分子フコイダンは人体に吸収されやすいようにフコイダンを低分子化したものです。組織や細胞の再生に役立ち、肝機能の向上、中性脂肪の抑制など人間がもともと持つ自然治癒力を高めてくれるのです。1996年にがん細胞の遺伝子に働きかけて、分裂や増殖を止め、自然死させるというアポトーシスという作用を持つことが発表されてから、サプリメントや食品として積極的に摂取する人が増えました。肌の保水、弾力性、保湿性を維持することから化粧品にも用いられています。フコイダンが免疫力を活性化するためには13パーセント以上の硫酸基が結合している必要があり、低分子フコイダンを抽出、生産するには難しい技術が必要になります。

フコイダンを使った治療法とは?

フコイダンは血液循環の改善、抗がん剤、抗転移、免疫系改善などの効果が期待できることから、生活習慣病の予防としてサプリメントとして利用している人が多いのが特徴です。粘りの基である硫酸基がのどに、胃に、腸に、粘膜に働きかけ、粘膜を刺激して活発に動かしてくれるのです。がん、胃潰瘍、アトピー、動脈硬化、糖尿病などの疾患の治療薬として用いられています。低分子フコイダンには活性酸素を除去してくれる働きがあるので、がん細胞に活性酸素を浴びせて殺そうとするがん治療とは相いれないものがあると考えられていましたが、低分子フコイダンにはがん細胞のアポトーシスを促進し、正常細胞のダメージを抑制する作用があり、副作用が緩和され、食欲や気力を取り戻すことができるという驚きの結果が報告されています。

低分子と高分子との違いとは

フコイダンは本来分子量20万という高分子です。高分子であっても免疫系向上効果は高いのですが、唾液や家城による分解がされず、小腸を刺激してしまうこと、吸収性が低くアポトーシス誘導や血管細胞再生などの効果はあまり期待できません。
その問題点を解決してくれたのが開発製造された分子量20万低分子フコイダンです。しかし分子を小さくしてしまうため、吸収性には優れていますが、効能も小さくなります。平均分子量500以下の超低分子フコイダンも開発されています。
免疫系向上を目的にした場合、分子量の大きいフコイダンは両分子や全分子と呼ばれてサプリメントとして価格のバランスが取れていますし高い人気がありますが、フコイダンを高分子のまま機能性を保持して吸収を倍にした超微粒子ナノカプセルがこれからのトレンドになるでしょう。