低分子フコイダンは安心して試せる - 低分子フコイダンについて

低分子フコイダンは安心して試せる

低分子フコイダンの利点

フコイダンには高分子フコイダンと低分子フコイダンとの2種類があり、最近では低分子フコイダンに注目が集まるようになってきました。両者の違いは分子の大きさの違いで、分子量が違うことで作用の仕方も違ってきます。

フコイダンとは何か

フコイダンとは、コンブやワカメやモズクに含まれるネバネバ成分のことで、癌腫瘍を小さくする効果があるとされます。フコイダンには、高分子フコイダンと低分子フコイダンとがありますが、海藻から抽出したフコイダンを特殊な方法で加工(酵素による分解)することによって、高分子から低分子になります。高分子フコイダンは、効能が強い半面、腸から吸収されにくい特性があります。低分子フコイダンは、効能や弱い反面、腸から吸収されやすい特性があります。つまり、両者の性格は、正反対になるわけです。フコイダンは、吸収されないと効果を発揮できません。トータルで考えた場合、低分子フコイダンの方が有利ではないかとの評価が広まりつつあり、低分子フコイダンに注目が集まるようになりました。

低分子フコイダンの効果

フコイダンは、癌腫瘍を縮小させる効果がありますが、その効果を発揮するメカニズムは、3種類のものからなります。第1に、アポトーシス作用によって癌細胞を死滅させるもの、第2に、血管新生抑制作用によって癌細胞への栄養を断つもの、第3に、免疫強化作用によって自分自身の免疫力で癌細胞を攻撃するもの、この3種類です。低分子フコイダンは吸収が良いので、これらの効能がトータルで良く現れるとされます。また、低分子フコイダンは、アポトーシス作用に関して、正常細胞に悪影響を与えることなく、癌細胞だけを選択的に死滅に向かわせることも確認されています。つまり、抗癌剤のような強い副作用はなく、安全に利用できるということです。

抗癌剤との併用も可能

低分子フコイダンは、抗癌剤との併用も可能で、しかも、ある種の抗癌剤の副作用を軽減することも分かってきました。抗癌剤の副作用が軽減され、癌細胞への攻撃力が増すため、理想的な相乗効果と言えるもので、癌患者なら試してみる価値があります。低分子フコイダンと抗癌剤とが理想的な相乗効果を発揮するメカニズムは、まだ詳しく解明されていませんが、大学の研究室や病院などで実際に効果があることは確かめられています。臨床による効果確認の事例がまだ多くないなどの不確定要素もありますが、希望の持てる状況になりつつあります。低分子フコイダンは、サプリメントとして飲めばよいだけですし、特に副作用もないため、安心して試すことができます。