更新記事リスト

2018年10月15日
車を解体するといくらかかるのかを更新。
2018年10月15日
手続きがわからなくても専門業者なら詳しく教えてくれるを更新。
2018年10月15日
廃車が思わぬ臨時収入になることもを更新。
2018年10月15日
手続きのために必要な書類とはを更新。

自分で廃車手続きするより専門業者にお願いしよう

クルマの廃車手続きには3種類あるってご存知でしたか?永久抹消登録、一時抹消登録、解体届け出のいずれかを選んで書類や諸費用を用意する必要があります。永久抹消とは既に車が解体されている、もしくは災害などで水没し車が使用不可能になった場合に行う手続き、一時抹消登録は一時的に使用を中止する時に、解体届け出は一時届け出してある車を解体するときに行う手続きなんです。
それを自分でするとなると、印鑑証明書、委任状、車検証、ナンバープレート、手数料納付書や自動車税、自動車取得税の申告書などなど…事前に準備が必要な書類も沢山あります。諸費用かかりますしクルマの廃車手続きって思っていた以上にかなり面倒な印象ですよね。そんな時に頼りになるのが、廃車買取の専門業者です。専門業者へ依頼するだけだから簡単。
自分で書類を用意することなく、相談から引き取り、面倒な廃車手続きや税金や保険の処理を無料で行ってくれるんです。ありがたい話ですよね。自分が用意するのは印鑑と車検証だけという手軽さ、クルマが動かなくても大丈夫です!レッカー代などの費用も全て無料で代行してくれるなんて至れり尽くせりですよね。廃車を考えているクルマがあるのなら、専門業者に依頼するのがお勧めですよ。

廃車手続きで悩んだら専門業者に相談を

クルマの廃車手続きのタイミングによって変わってくるのが、自動車税です。4月1日の時点でクルマを所有していれば、それだけで自動車税が発生します。1年分を先に支払い、途中でクルマを手放せば、月割計算となり残った月数分の税金は還付されることになります。そのため、4月1日を過ぎると損をしてしまうという訳ではありませんが、還付手続きなどの手間がかかります。ただ、2度と乗ることがないクルマの廃車手続きを先送りしていれば、自動車税のみがかかり続ける状態となります。そのため、廃車が必要になったら、早めに手続を行っておくことがおすすめです。
手続きの必要性は理解していても、クルマの廃車手続きの方法が分からない、手続きをしている暇がないという場合は、廃車専門業者へ依頼をすると良いでしょう。廃車専門業者であれば、手間のかかる書類の準備やナンバープレート返納など、様々な手続きを行って貰うことができます。更に、クルマに価値が残っていれば買取をして貰うことができる上に、買取の対象にならない場合でも費用をかけずに廃車をして貰えるというメリットがあります。そのため、費用をかけずに廃車をしたいという人も、廃車専門店の活用を考えておいて損がありません。

新着記事

車を解体するといくらかかるのか

廃車の手続きを行うなら還付金受取ができる専門業者で! クルマの廃車手続きは、個人で行うには手間や時間がかかります。クルマを買い替える際にディーラーでクルマの廃車手続きを同時に行って引き取ってもらったり、廃車買取の専門業者に依頼して回収から…

More...

手続きがわからなくても専門業者なら詳しく教えてくれる

廃車の手続きに費用は掛からないのが常識です! クルマの廃車手続きに費用が掛かると考えていませんか?廃車手続きの代行手数料やレッカー費用、そのほか解体費用などがかかると思いがちですが、廃車だからといって価値がゼロにはなりません。今では、専門…

More...

廃車が思わぬ臨時収入になることも

廃車で迷っているならまずは査定から 次の車検がもうじき来る、自動車税を払わなければいけないなど、車を今後どうするか考える時期はやってきます。車検を通すか、新しい車を買うか、廃車にするか、3つの選択肢しかありません。しかし、何年も乗って走行…

More...

手続きのために必要な書類とは

廃車をする時は専門業者に依頼を 意外と手間がかかるのが、クルマの廃車手続きです。車検証や自動車リサイクル券、印鑑証明書などの書類の準備や、解体業者探し、陸運局へのナンバープレートの返納など様々な手続きが必要になるだけでなく、様々な費用も発…

More...

トップへ